あー、もう。くつろぎニート日記。
Please don't say"You are neet" だって本当はhikky.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東大合格生のノートはどうして美しいのか

東大合格生のノートはどうして美しいのか
太田 あや
文藝春秋
売り上げランキング: 1483



言っちゃいますけどね。
東大合格生のノートって言っても、
まあ所詮は、東大に合格した要因の
一つでしかないわけですよ。


実際には地頭の良さとか、環境の良さとか、
周囲の人間に恵まれていたとか。
そういった要素の中の一つ。
いえ、むしろ副産物ですね。


その点、僕が過去の記事で紹介した、ノート作成法。
ぐだぐだメタデータ勉強法
あれは受験で最大限結果を出すという目的を、
達成するためのノート作成術ですから。
僕のノート作成術を……、
あの、ニートノート作成術をね。ヨロシクお願いします。


冗談はさておき。


記事冒頭で紹介した、
「東大合格生のノートはどうして美しいのか」
という本を、読みました。
まあ、お金がないので立ち読みですね
立ち読みできるぐらい、さっと読める本ですね。

東大合格生のノートはかならず美しい
という本の、続編にあたるもので、
Q&A方式を採用して、
より深く掘り下げたみたいな
同じ事を何度も言ってるみたいな、
そんな内容になってます。


なんかさっきから
批判っぽい書き口になってしまってますが、
僕はこの本とてもいい本だと思う。
従姉の娘が小学校にあがったら、
プレゼントしてあげたいぐらいですね。
お金があれば。


ただまあ、その、タイトルですよね。
美しさという言葉をキーワードに
「東大のノートは見た目からして違うんだぜ!」的な、
そういう興味を惹くタイトルになってるわけですけど。


でもこれ、
中身を読めば読むほど、
美しさはどうでもよくて、
結局、試行錯誤して
自分が使うのに適したスタイルを作っていくことが
大事
だと思えてくるんですね。
この本は、そういう「自分なりのノート」を作るための、
ヒント、指針になってくれると思います。


・板書
・演習問題用、
・間違ったところや大事そうなところなどをまとめた
自分用のまとめノート、
・かきなぐり用ノート
の四つに分けてノートを取る人もいれば、


一つのノートに全ての情報をどうまとめるか、
そのためのスタイルを編み出している人もいる。
 

余白を大胆に取っている人もいれば、
文字情報を書き込みまくってる人もいるし、
見るに堪えない落書きで埋めてる人もいる。


つまり。
スタイルは、見た目の美しさも含めて千差万別。
共通点は、それぞれに利点や哲学がある、
ということぐらいです。


本のタイトルって、
実際に読まない人も、本屋やネットで目にするわけで、
この本が評判になることで、
東大合格生のノートは美しい、という
微妙な情報だけが一人歩きしたりすると
なんだかなあ、という気がします


美しさに固執すると、
板書を取るだけで満足してしまうようなところ、
ありませんか。
僕みたいなニートにはあるんです。
すぐ満足しますから。


正直、他人には読めなくていいんですよ、ノートなんて。
自分が情報を引き出しやすいかどうかです。
読みやすくでも、美しくでもなく、取り出しやすく。
だと、ニートの僕は思いますね!
自虐多めでお送りしました。


あ、中身はほんとに良書ですよ。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 あー、もう。くつろぎニート日記。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。