あー、もう。くつろぎニート日記。
Please don't say"You are neet" だって本当はhikky.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラジオといえば北野誠の失言ってなんだったの
■口べたの話


当方、極度の口べたです。
酔っ払いのおっさんに絡まれて応対したとき、
友人に
「おっさんよりろれつが回ってなかったね!」
と言われるぐらいの口べたです。


実際には呂律が回ってないわけではなくて、
次の言葉が出てこなくて
「あのあのうあー」となってるだけなんです。


こんなこと言ったら怒られるかなー、
空気悪くするかなー、
あのあのうあー。


まあそんなだから、アナウンサーやら、
ラジオのDJとかの喋りがとんでもなく羨ましい。


で、まあ、ラジオの話題なんですけど。
具体的に言うと昨日話題になってた、
エレカシとラジオDJ、鈴木万由香のトラブルの話。
これですね。


僕は最近めっきり音楽を聴かなくなって、
ヒットチャートとか浦島状態なんですけど、
過去には下手くそなバンドを組んだり
組もうとしたりしてた頃もあって、
エレファントカシマシの「悲しみの果て」とかを
好んで歌ってたりしたので、
エレカシ大好きなんですね。


で、今回の件自体は
ショービジネスの世界で起こってることなんで、
どっちが悪いとかそんなことはどうでもよくて

(そもそもそれほど大したことでもないような
 ああいう場で怒ることってそんなタブーかな)


僕がしたいのは、昨今流行の
いろんなバリエーションの褒め方に関して。


いやもう、大抵意味がわからない感じの
褒め方になってますよね。

まあなんというか……
口べたで心が醜い僕の嫉妬だと思うんですけど、
しゃらくさいと。
誉められてる方もなんというか、
彦麻呂のネタとしか思えないと思う。
この表現巧いでしょ、的なことしか伝わってこない。
嘘っぽーいと思う。


まあその……ゲストを呼んだら
その人の音楽を絶対に誉めなきゃいけないっていう
制約からして既に嘘ではあるんですけど。


誉めるバリエーションとして、
落として上げるってのはどうなんでしょう。
尊敬してる先輩とかからやられたら
嬉しいかもしれないですけど。


まあ、食べづらいっていう表現に
下げる意図は勿論なかったと思うので、
実際今回の件に関して言えば、
対応をまずってるのは険悪になって以降だと思います。


このときのDJの対応が、まあ、僕に似てる。
プライド(僕の場合は劣等感から来てる)が異様に高くて、
謝っておきゃ良い場面で、
自分を庇えるような正論を言っちゃうんですよね。


その時は全然そんなつもりないんですよ。
信念があるから言ってやった、とかじゃない。
後になって、ああ、プライドが邪魔してたのか、と思う。
で、僕は後悔します。


このDJさんがどうだったのかは知らないけど、
僕は昏い親近感を抱いてしまいますね。



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 あー、もう。くつろぎニート日記。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。