あー、もう。くつろぎニート日記。
Please don't say"You are neet" だって本当はhikky.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q&A100


100の質問ってあるじゃないですか。


僕はその起源はまったく知らないんですけど、
でもとにかくネット上には溢れているじゃないですか。
「『●●の人に100の質問』に答えてみました」
とか言って、
よくプロフィール欄とかに書いてあったりしますよね。
僕らはあれを読んで、
回答者の人となりを知ったりするわけです。


で、ふと思いつきました。
あれを一つの質問につき、
一つの記事を使って一つの回答を書くことによって、
実に100記事ほどのネタが稼げるんじゃないか、
ということをです。


書きたいことがあるからブログを書いていたはずなのに、
なんとかブログを書くために話題を捻出するという、
手段と目的が逆転している状況に陥っていることを
自覚している僕にとっては、

この閃きはまさに天啓とも呼べるものでした。


だってもったいないじゃないですか。
これまで二十日もつづけて、
日記を書いたことなんてあったでしょうか。
ない。
ないですし、そういうこともできないから
ニートなんじゃないかと思うわけです。

じゃあもうここはとりあえず、
どんなダーティな方法を使ってでも、
出来る限りつづけてみるべきかな?
(べきだよ)べきなの?(べきとも)


結局のところですね、ネタがないのではないのです。
こんな最終目的地がどこにもないようなブログでは、
ほんとはなんだってネタになるんです
でもネタの指針がないから、
何を書いていいのかわからないのだという事に
気が付きました。


いやまあ、実際のところ、もっといろいろあるんですよ。


主に記憶力的事情です。
就寝前、
「じゃあ明日のブログの冒頭は××のことを
『最近気づいたこと』と題して書きはじめよっと
これでブログ執筆作業はスムーズに進むね
おやすみグンナイみんな愛してるよちゅぅ☆」
なんて言って、
思わず皆への熱い想いの告白をしてしまったことで
恥ずかし隠しに「きゃ///」と
頭まで布団を被ったまではいいものの、
さてはて翌日「××」がなんだったのかは
すっかり忘れている、
なんてことはここ最近よくある現象なわけですよ。


ネタ切れなのではない、ネタ忘れなのだ。
でも結果は同じ事です。なんとかしなきゃ。
そこで100の質問です。


え、ネタがなんでも良いんだったら、
fc2ブログでやってるトラックバックテーマとかに
参加すればいいんじゃない?
という人もいると思いますが、
あれはたくさんの人が書くので、見比べた際に見劣りがはっきりするじゃないですか。
100の質問だったらわざわざ、
一つの質問に一記事を使って回答する人も
少ないでしょう。
そういう消極的な理由でトラックバックテーマはNGです。


ではさっそく、100の質問をさがしてみることにします。
すると、結構回答できる人間が限定されるものから、
ゆるーいものまで
いろいろ取りそろえられていることがわかります。


つまり、可能性は無限大。
これはいけると確信しました。
次は選択です。
僕が答えられるというだけでなく、
おそらくこのブログをたまたま見る人の多くにも
わかりやすく、またこのブログに合わせて
緩い物がいいだろう、と考えました。


ブログのテーマに合うという意味では、
「ニートに100の質問・引きこもりに100の質問」
なんてのがあればそれがいいのかな、とも思いましたが、
一回答一記事と、
長い時間をかけて答えていくことになるので、
まかり間違って途中でニート脱出しちゃったら、
中途半端な事態になってしまうので、
やめておこうと思います。
(それ以前に、その際にはこのブログの存在が
既に中途半端だろう
、とは思うのですが、
まあそれは置いておいて)
 

http://www.h3.dion.ne.jp/~isaon/


というわけでランダムに厳選してみた結果、
このリンク先、トカゲさんのサイトの中にある、
日本人に100の質問」が愉快そうでいいんじゃないか、
という結論に至りました。
わーぱち、わーぱち。


しかし問題がないわけではありません。
いきなりHNを教えてくれということで、
「薄らニート」「USNT」としか答えようがなく、
これで一記事書くのは難しいんじゃないか……。
いや、由来とかエピソードを交えて書けばなんとか……
と思ったら、
二問目が由来を教えてくれときたもんだ!


しかし、だいたいどの質問を見ても序盤はそんな感じだし、
ファーストインプレッションを大事にしたい気分なので、
これでいいじゃないか。
いけるいける、やれるって。
むしろこれなら、序盤を超えたら100答えられるって。
というわけで「日本人に100の質問」
これに決定です。やんややんや!



まあ、
こればっかり連続で100記事書くのもアレなので、
書きたいことを思いついたときや、
現実に面白いことがあったときはそれを書きつつ、
しかし何も書くことがないときにも書ける、
100のネタストックを持っておく。
そうすることで、心に余裕を持っておく。
ぐらいのつもりで行きたいと思います。


いいじゃないですか。
そんな感じで……
理想としては半分こ半分こぐらいで
やっていけたらと思うんですけど。
なのでもし、
僕のブログに「100の質問」にばっかり答えてる期間があったら、
はー、あいつの人生、
ほんとに面白いことがないんだなー、
とみんな笑ってくれるし、
僕もそんなに悪い気はしないはずだよ(氷の世界)。





Questions?(初回限定盤)(DVD付)
中村優
エイベックス・エンタテインメント (2009-01-28)
売り上げランキング: 21950
スポンサーサイト
copyright © 2017 あー、もう。くつろぎニート日記。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。